家賃を気にして買う時の見落としに要注意

居住に関わる費用というのは、トータルすれば人生の中でも一番か二番になる位大きな出費のような気がします。シンプルに考えて、毎月10万の家賃も1年住めば120万円と新品の軽自動車が普通に購入できる金額です。

10年住めば、単純計算で総額1,200万円もの出費となるので、ここまで、大きな金額になるなら買ってしまった方が安上がりに感じてしまうかもしれません。

この金額に1,000万円プラスした2,200万円ほどの家を購入するとした場合、30年で返済する計画なら単純に毎月6万円弱の出費で済む訳です。毎月の家賃を支払うより4万円近くも安くあこがれのマイホーム生活を送れるという訳ですが…。

そう簡単には、行きませんよね…。

例えば、固定資産税など、毎年かかってくる費用もありますが、修繕費も少なからず発生します。特に、10年に1度位は、ペンキの塗り替えをしなければ外壁が痛んでしまうので、その費用は一回で50万円以上はザラです。

特に足場代で数十万円持って行かれたりします。

地域によっては、海が近く屋根がさびやすくなる事もあるので、もしも、腐食が見つかり雨漏りにでもなった場合には、その分の費用も突発的にかかってくるかもしれません。

こうした突発的な修繕費用も踏まえると、賃貸から持ち家にしたからと言って、そこまでお得ではないという現実が見えてくるのではないでしょうか。

しかし、建て売り住宅の営業などは、家賃の毎月の支払いと家を買って返済する額との差を謳い文句にして、賃貸よりお得ですよと言うでしょう。私も実際に言われたことが有りますが、肝心な事を忘れてはなりません。

それは、マイホーム購入の金額が大きくなる程に、将来の自分に負担を背負わせているだけでしかないという部分です。ローンを組んで家を購入するという事は、先の見えない将来に責任を先送りにしているだけでしかありません。

このリスクは、将来に先送りしているので今現在は、なんとなくでしか想像できませんが、近い将来、生活の負担となる可能性を十分に備えています。

もしも、頭金としてある程度支払い年収分以下位の借金なら、数年かけてコツコツ返していく事も計算しやすいとは思いますが、借金が給料の10年分ともなると、それを返しきるには、30年はやはり必要となってくるのではないでしょうか。

そうなると、家賃が高いという憂いを回避する為に家を購入したハズが、マイホームローンを返済する事が第一となり、生活のあらゆる部分に『節約』の二文字が浮かび、賃貸生活をしていた頃より結果苦しくなっているなんて事にもなり兼ねません。

それに対し、賃貸で借りるのが割りに合わず高いと感じても、その分、今現在の経済状況の中で抑えられるリスクで済みます。

こう考えると、どちらが本当に最適な選択なのでしょうか…。

冒頭のように、将来的に使う金額と考えると、家賃を払っていくというのは、大きな出費となるので、早めにマイホームを購入するという選択が妥当な事、節約としても有効な方法と感じてしまいますが、それは、あくまでも家賃と比較した時だけの話。

それ以外の様々な要素も含めると、そう早合点して良い問題では無いように思います。

こうした点も踏まえると、まずは、賃貸で無理ないレベルで生活を続け、環境が合わないと思ったら引っ越しも何度か行い、ある程度の経験と実際に住んでみたい環境がイメージできてからある程度の頭金を元に家を建てる順序が結局は、生活にも負担が少なく、満足度も高いものになるのかもしれません。

Copyright (C) 2016 気になり出すと収まらない All Rights Reserved.