貝殻のカケラのようなものが取れました

食事も変えて、最近は、ケーキやお菓子のような甘いものを食べる事も減ってきたのですが、念のためという事で歯の裏側をチェックしてみたら、なにやら、少し色が変な部分がありました。

よく見てみると、かなり固いもので、一瞬、虫歯かと思ったのですが、どうやら歯石のようです。爪でひっかいてみると、少しだけ取れたのですが、やっぱり中々しつこく全然取れそうに有りません。

という事で身近なもので取れないかと思ってたら、ピンセットが有ったのでその先端で器用にゴリゴリとやってみると、少しずつ削れはじめました。一瞬、自分の歯が削れているのかと誤解するような感じですが、自分の歯だったら痛みが有りますから。

そうしてゴリゴリやっていたら、ポロっと塊。
まるで歯のかけらです。歯とうより貝殻のかけらという感じもします。

こんな固いものになっているなんて、恐ろしい。
歯石って、歯垢が固まって出来た物なのでいわゆる口の中のばい菌類の集合体。

放っておくと歯を溶かす原因になるらしいです。
歯石って、塊に見えますが、実際には、細かい穴が空いているらしく、その中に細菌が入り込んで営巣しているんだとか。

また、歯ブラシの先端では入り込めない小さな穴なので、細菌にとっては絶好の隠れ場所となり、そこから、食べ物の一部をエネルギー源として毒素を出す。
すると、歯茎が後退し、いずれ抜ける原因ともなるそうです。

また、歯茎と歯の丁度間くらいに出来るので、歯茎が後退し歯石が増えるというのを繰り返していく事で次第に歯茎が下がってしまうのは十分理解できます。

そうなると、歯石に気付いたらすぐにでも取れるよう段取りは組んでおきたいだけでなく、可能なら、定期的に歯医者に行って除去してもらうのも必要かなと思います。歯医者だと痛みが感じる事も多く、その辺の加減が強かったりするので、できるだけ歯ブラシとセルフケアで付かないようにできれば良いのですが・・・。

Copyright (C) 2016 気になり出すと収まらない All Rights Reserved.