店頭で見つけたブレンダーを衝動買い

安いコーヒーミルを探してみました。
どのようなものを欲しいのかというと、できるだけコンパクトでコーヒーの豆を砕くことだけがシンプルにできればそれでいいかなと思ってました。

高くても5,000円程度ぐらいでしょうか。

でも、色々と探しながら色々な人のレビューを見てみると、中々決めかねてしまうのは仕方ないことでしょうか。

よくあるネガティブレビューは、「音が思っていたよりうるさい」「砕けた豆のサイズがバラバラ」「プラスチックの部分に静電気でくっつく」などなど。

良さそうだなと思って見ていたコーヒーミルに、こういうレビューが少しでもあると、中々それを買う気にはなれませんでした。

最終的には、ラッセルホブスのコーヒーグラインダーにしようと思っていました。

実際のレビューも多いしそれだけ購入者が多いのも伺えるし、デザインや大きさ、価格、または、中にステンレスのブレード付きのカップが付いていて、静電気の問題などもクリアしていること。

でも、やっぱり見た目が良くてもレビューなどを見てみると、上で挙げたようなネガティブレビューが何かしら含まれていたので、どうしようかなと思っていたところです。

その後、安さの殿堂ドンキホーテに行ってみたら、2980円でコーヒーミルが有ったんですが、それが、カリタのもの。サイズ的にはそのぐらいでも良かったんですが、いまいち使い勝手の良いイメージがわきませんでした。

ヤマダ電気にも行ってみたものの、コーヒーミルの取り扱い自体がほとんどありませんでした。

その後、ケーズデンキに行ったら、コーヒーミルではなくブレンダーにダブルのブレードとシングルのブレードがそれぞれ付いているものがあり、シングルのブレードの方がコーヒーミル代わりになるという便利そうな商品がありました。

しかも、それなら、ネジ固定式で密閉することが出来るので、ジューサーなどを作る時にも便利。更に、ホットケーキなども混ぜるのが楽に出来るそうです。

サイズ感もコンパクトにまとまっていて、思わず衝動買い。笑

あれだけコーヒーミル探しで悩んでいたのはいったい何だったのか・・・。

ちなみに、現物をすぐ欲しかったのでほぼ定価で買いました。
でも、その後ネットで見たら、2千円くらい安かったのはやっぱりちょっとショック。しかも、店舗で買ったケーズデンキのウェブサイト。笑

Copyright (C) 2016 気になり出すと収まらない All Rights Reserved.