シャツを筒状に丸めて洗う事ができるのが便利

「Tシャツ 伸びない 洗濯ネット」などで検索してみても中々ヒットするものがありませんでした。相変わらず、使いづらいグーグルさん。

これからもインターネットを使い続けることを考えると、情報にヒットしない時間だけで、不眠不休1年分ぐらいになってしまうのではなかろうか。

色々と調べてみても、だいたい普通の洗濯ネット、もしくは、伊東家の食卓で出たような、襟の部分を輪ゴムで縛る方法しかありません。

そういうのではなく、もっと具体的なイメージがありその形に近い洗濯ネットを探してたんです。それは、Tシャツをくるくると丸めて、その状態で丁度良く入るくらいのスリムな洗濯ネット。

そうすれば、襟の部分が伸ばされる心配も少なくなるのではないかと思ってました。普通に売られているTシャツ用の洗濯ネットは、少し折り畳んで入れるタイプですが、それだと、洗濯中に中のシャツが動いてしまいます。

それに、四角く折る場合だと、うまくスライドさせて中に入れたりするのが少し面倒だと感じていて、毎回のように洗濯をすることを考えると、もっと簡単に出し入れすることができて、しかもTシャツの襟元が伸びないようにしたい。

そうなると、通常に丸めて入れるのが一番簡単かなと私は思いました。
そのイメージを持って色々探してみたんですが、結局それっぽいものを見つけることができず、実は既に持っていたシャツの為の洗濯ネットというのをリピート購入しました。

既に7枚ほど、この洗濯ネットを持っていたんですが、そのうちの4枚ほどを断捨離と称して捨ててしまった事がありました・・・。
これは今思うとかなりの失敗。

なんせ、一枚800円しますから・・・。

「そんなに使わないから半分ぐらいに減らしても良いかな」と思って捨てたんですが、結局、再び3枚ほど追加購入してしまったという始末。

そのくらい、シャツの襟元を伸ばさない為にはかなりベストな商品だと言います。ただし、Tシャツの横幅に対して若干サイズが小さいので、折れ目がついてしまい干しTシャツに縦線が入ってしまいます。

なので、もう少し大きめでスリムなら、ジャストサイズ。

この写真だと、本来ついてるはずのベロのような部分がありませんが、ほとんどTシャツにしか使うことがなかったので、そこをハサミでカットしてしまいました。

新しく追加で購入したシャツの為の洗濯ネットは、ワイシャツなどにも使うことを考えてそのままにしておこうと思います。それにもう捨てずに使い続けて行こうかなと思っています。

楽天などで実際に購入した人のレビューを見ると、丸めて洗うことで襟元の汚れが落ちにくくなるということも書かれていたりしますが、ある程度の汚れであれば普通に落ちてくれるのであまりその辺は気にせずに使えます。

Copyright (C) 2016 気になり出すと収まらない All Rights Reserved.