たぶん関係ないかと・・・

白髪が多い人はハゲにくいというのは抜け毛に関してよくある話題の一つだと思いますが、本当のところはどうなんでしょうかね。

私も多分大学卒業するくらいから少しずつ増え始めてきた気がするんですが、就職して仕事に就いてから1年から2年くらいで結構増えてきた気がします。仕事の苦労と関係しているんでしょうかねぇ・・・。

でもそれからというもの仕事を変えても白髪が減ることはなかったので、多分体質的なものというよりは、どちらかというと、外で仕事をするような事が少なかったので、メラニンの生産が不足しているんじゃないかって感じています。

なので、白髪が増えた原因は、そうしたインドアな仕事が多かったことが関係しているのかもしれません。だからといって、外に行って太陽光を沢山浴びるようになったから白髪が減ったりするのかはわかりませんが。

「日光浴 白髪」などで検索してみたら、どうやら、日光浴をするとビタミンDが生産されるので、それが健康な髪の毛を作る上で必要な役割をしているそうです。ビタミンDが増えることで髪の毛が生えてきたり、白髪から黒髪へと若返りをシミしたという報告も有るそうです。

ひとまず、白髪を減らしたければ、日光浴を心がけるようにすれば何か変化が出るかもしれませんね。いずれにしても、メラニン色素は紫外線などの有害な光線に対して体が持つ抵抗力のようなので、その抵抗力を活性化させる為には、日光浴が良いのかもしれません。

もし、中々日光浴をする機会がなければ、とりあえずビタミンDのサプリメントでも続けてみれば、白髪を減らすのに何か良い働きがあるかもしれません。

すっかりハゲに関する情報がおろそかになってしまってますが、何のことはなく、白髪が増えるのが先か抜けるのか先かということなんではないでしょうか。

特に、年齢のわりに白髪が多いということは、平均的に見ても髪の毛が多い世代ということでもあるので、ただ髪の毛も十分にあるのに白髪も増えている印象が白髪が多いとハゲにくいというところに繋がっているのではないでしょうか。

まぁそれも含めて体質次第で変わってくる部分でどうしようもないので、そんなところを気にしていても何も解決しないので、どうしても薄毛は避けたいというなら、今色々な薬があるので、そういうのを試してみるのが最善策。

もしくは、潔くバリカンで坊主にする。
それが解決の最も簡単で最も時間のかから無い手段ではないでしょうか。

Copyright (C) 2016 気になり出すと収まらない All Rights Reserved.