本の一部を抜粋したりするのに活用したい

自炊を行っているんですが、それは、自分で購入した本をそのまま持っておくのは物が増えることになるので、とりあえずデータ化して省スペース化を図る為ですが、借り物の本の参考情報を抜粋したり、チラシなどをわざわざスキャンするのが面倒くさい感じがしていました。

そこで、そんなに必要性の高くない情報に関しては、簡単にスキャンできた方が良いかなと思いハンディスキャナを探すことに。

まずそこで探すあてにしたのは、富士通のScanSnap。
ここなら、スキャナーの性能も信頼出来るので、間違いありません。

でも幾ら探してもハンディスキャナがありません。
ハンディスキャナというか、普通のモバイル性の挟むタイプのスキャナはあるんですが、髪を本の上にスキャナを行って手で動かすタイプのハンディスキャナはありません。

どうやら、富士通はこの手のタイプを扱っていないようです。

まあ普通に考えればそうかもしれませんね。
というのも挟むタイプのスキャナがある事と非接触で少し高い位置からスキャンするモデルも有るので、そこにハンディスキャナを加えると相反する存在となってしまいます。

そしたら、非接触タイプの売り上げに影響するかもしれません。
つくれる技術は有っても、そういうことでつくれなかったりしているのかもしれませんね。

とりあえず富士通で探すことは諦めて、別のところで探していたんですが、手頃で使いやすそうなのは、サンワサプライで販売されているものでしょうか。
製造された地域に応じていくつかの種類があるように感じたんですが、少し気になるのがバッテリーの持ち具合があまり良くないというレビューがあること。

サンワサプライのハンディスキャナであれば、WiFi経由で無線スキャン出来るので、スキャンしたデータをすぐにパソコンやiPadなどに取り込むことが出来るようです。

ですが、無線にするとその分、電池の減り、バッテリーの持ちが悪くなってしまうそうです。この辺は普通のスマホなどとも一緒ですが、中々電波が見つからないとすぐにバッテリが少なくなってしまいますよね。

あまりこれだと使い物にはならないかもしれないなと思ったんで、他に何かいいものが無いのかと思って探してみたところ、マジックスキャンというハンディスキャナがちょっと良さそうな気がしました。

何が良いのかというと、サイズが小さくて持ち運びに便利なところ。

ハンディスキャナ自体もA4サイズまでのものであれば、十分に小さいと思いますが、それよりも更に小さいサイズなのでうに取り出して使う時などにはこういう方が便利かもしれません。

ただし、残念なのがパソコンに接続した状態でなければ使用できないようなところです。これが、SDカードを入れるタイプでいつでも簡単にスキャン出来るようなら、いいかなと思ったんですが、パソコンと一緒に持ち運ぶことを考えるとスキャナ自体が小さくてもあまり意味が無いかなというのが本音です。

なので、この手の最適な使い方は、普段パソコン作業していてその合間に少しスキャンしたい情報があるなどの時は、手軽に作業することができますが、実際にどこかに持ち運んで、色々スキャンしたいことを考えるとあまり適した使い方ではないかなと思いました。

ということで、ハンディスキャナを選ぶ基準として私の中で決めたのは、バッテリー式であること、もしくは、電池式であること。特にWiFi機能は必要としない。SDカードを入れることが可能。それでいて出来る限りコンパクトなサイズ。

A3対応のサイズであれば一度にスキャン出来るので、一番手間がないかもしれませんが、もう少し小さくて二度手間になるかもしれなくても良いので、A5位に対応しているサイズであれば、なんやかんや言って一番使う機会が多くなりそうです。

でもスキャンして使う機会が多くなるのは良いとして、その情報が結局使い物にならずに増えていくばかりというのは、避けたいところですね。

Copyright (C) 2016 気になり出すと収まらない All Rights Reserved.