引越し日がなぜバレる?その理由は・・・

最近引っ越しをしたら、引越しの当日にN☆Kの放送受信料の集金の人がやってきました。
以前、と言っても数年前のことになりますが、その時も午後7時頃にN☆Kの放送受信料の集金の人が来て、色々やり取りした覚えがあるので、モニター越しに見に覚えのない人が身に覚えのない時間帯にやってきた時点でN☆Kの集金だろうと思っていました。

そして案の定、放送受信料の集金の為の手続きに来たそうです。

ですが、残念ながら、私はテレビを持っていません。
このように言えばN☆Kの人が買えるとかではなく、事実としてテレビを持っていなかったので、何のためらいもなくそれを言うことができました。

持ち運びも不便ではないような小さめのテレビを持っていましたが、テレビを見て無駄に時間を過ごしてしまうことも多かったので、実家に置いてきました。

ちなみに、以前やり取りした時は、レオパレスに一時的に入居していた時なのですがレオパレスには備え付けのテレビがあります。そのテレビがついているから放送受信料を払えというようなことを言われて憤りを感じたのですが、その後、レオパレスのテレビを撤去してもらうことで放送受信料の集金を免れることができました。

別に毎月の放送受信料の金額自体は大したことではないので、テレビを見ていたら支払うことに関しては特に問題無いと考えているんですが、半ば強引な形の集金がN☆Kそのものの印象を少し悪くしているのかもしれません。

尚、引っ越し当日にそうやってくるのが一部に限った話なのかと思ったんですが、Yahoo!知恵袋などを見てみると、全国に集金人(外注)が6,000人ほどいて、引っ越しに関する情報の報告義務があるそうです。なので、空き家になっているところに電気がつくようになると、それをチェックして集金にやってくるという内容でした。

最初は不動産かどこかから入居日の情報が漏れているのかと思ったんですが、そうではなく、ある意味で張り込みのようなチェックをすることで、入居間もなくやってくることにさすがの調査力だなと脱帽です。

都市部の一部の地域では、駐車違反の取り締まりも許可を持っている民間の人が行って、その取り締まり件数に応じて報酬が支払われるというものがありますが、N☆Kの周期も基本的にそれと同じようなものだからか、同じ集金の人同士で競い合いが激しいのかもしれません。

でも、その調査力をもっと良い方に使ってもらえれば、協力して放送受信料を払う人も増えるのではないでしょうか。笑

何はともあれ、放送受信料を払いたくなければ、テレビを持たないことこれに越したことはありませんね。

Copyright (C) 2016 気になり出すと収まらない All Rights Reserved.